【志望動機の書き方の悪い例、良い例①】:履歴書の書き方講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 履歴書の書き方講座 志望動機の書き方の悪い例、良い例①

志望動機の書き方の悪い例、良い例①

履歴書の中で、一番自分をアピールすることができるのが志望動機欄ですが、書き方に困っている人が非常に多いのが実情です。これまで志望動機欄の書き方の原則について、ご紹介してきましたが、では実際に良い書き方、悪い書き方はどのようなものなのでしょうか。


まず、悪い書き方の例を挙げ、どこが悪いかを見てみたいと思います。飲食店にパートで働こうとしているA子さんの例です。
【悪い例】私は以前、飲食店のバイトで働いていたことがあるので、経験があります。一生懸命働きたいと思います。
実際の志望動機欄で、このような簡単な書き方をする人はまずいないかもしれませんが、とりあえず、一つの典型的な例として、あなたはどこが悪いと思いますか?


まず、どのような飲食店(レストラン?ファーストフード店?)で働いていたのか、そこで具体的にどのような仕事(厨房?ホール?)をしていたのか分かりません。経験があると言われても、採用する側からは評価しようがない訳ですね。次に、その仕事をした経験があるから、即、仕事ができる人とは限りません。経験と仕事の成果が結びつくような具体的な例が必要です。また、どんな仕事でも一生懸命に働くことは大切ですが、実際にどういう仕事に就いて働きたいのか、どうやってその仕事に貢献しようとしているのかが分かりません。


次回は、以上で指摘した点を踏まえ、この悪い例を書き直して見違えるようにした志望動機をご披露したいと思います。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事