【たくさんの履歴書を効果的に書く方法②】:履歴書の書き方講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 履歴書の書き方講座 たくさんの履歴書を効果的に書く方法②

たくさんの履歴書を効果的に書く方法②

第47回での説明のとおり、多くの企業の求人に応募するとなると履歴書を書くのも大変ですね。
履歴書を効果的にたくさん書くコツを説明します。


1.履歴書をまとめて書く
料理でもまとめて同じものを作った方が、少ない時間でたくさんの料理を作れます。同じように履歴書も時間があって集中できる時にまとめて書くと、より多くの履歴書が書けます。
ただ、あまり枚数が多すぎて書いてから何カ月もそのままにしておくと、紙の品質が劣化したり内容を変える必要が出てきたりします。
(携帯電話番号やメールアドレスの変更など)事情にもよりますが、1回に書く枚数は3~4枚程度にとどめておくといいでしょう。

2.「志望動機」「自己PR」などは書かないで残しておく
違う応募先にまったく同じことを書くと内容がそぐわず、魅力のない履歴書になるかもしれません。
その企業に合った内容やストーリー立てで書くことが大切だからです。そのような場合はどうすればいいでしょうか。
コツは応募先によって変わらない部分だけまとめて書いておき、その他は、空欄のままにする。空欄は応募先が決まってから書くことです。
引っ越しや結婚等の予定がない場合、名前・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・学歴・職歴・配偶者・保護者等は変更の必要がないので、まとめて書いておきます。
一方、志望動機、趣味、資格、自己PR、本人希望欄などは応募先によって書く内容も変わるので、あえて書かないで残しておき、応募先が決まってからそこだけ追加で書くといいでしょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事