【『学歴・職歴欄』について②】:履歴書の書き方講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 履歴書の書き方講座 『学歴・職歴欄』について②

『学歴・職歴欄』について②

今回は「学歴・職歴欄」の「職歴欄」についてです。

皆さんは学校を卒業されてから、どのような人生を歩まれてきましたか?会社勤めをされて、様々なお仕事を経験されている方、転職を何度か経験している方、アルバイトから正社員になられた方、お子さんを出産されるためにお仕事を辞めた方・・・など様々だと思います。そのため、書き方も百人百通りである一方、一番悩ましいのも「職歴欄」の記入かもしれません。

「職歴欄」は、いわば採用担当者へのアピール欄ですので、これまでご自分が職場で何を身につけ、どんな仕事をし、どのような姿勢で仕事に取り組み、どんな結果を出してきたかを記入していきます。最近では、履歴書のほか、職務経歴書をつけるのが一般的ですが、職務経歴書をつけない場合は、詳細に記載してください。

履歴書についてご質問を頂いた中から、一部ご紹介をいたします。

①今回初めて転職活動を行う方は、これまでの職場で何を行ってきたか、業務内容を並べるだけではなく、年月を経てどのように業務のレベルが上がってきたかを記載します。

②転職を複数行っている方も、前職と現職とを比べて、どのくらい業務のレベルや範囲が広がってきているか、たとえ転職しても仕事の一貫性があることなどを記載します。さらに採用担当者に対してプラスの印象を与える事は記載していきましょう。

③最近では女性の方を中心に、出産を機に退職し、育児が落ち着いてから再就職を目指される方も少なくありません。育児に専念していた期間がある場合にはその旨を記入しても差支えがありません。

以上はほんの一例です。記入する際の参考にしてください。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事