【プラスの特徴を出す】:履歴書の書き方講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 履歴書の書き方講座 プラスの特徴を出す

プラスの特徴を出す

履歴書を作成する際、限られた記入スペースの中で、少しでも特徴が出せると有利になります。
誰もが書くようなありきたりの内容だけの履歴書ですと、採用担当者へのアピールになりません。
一方、趣味・特技や自己PRの欄など何でも結構ですが、他の人があまり書かないような内容があると、採用担当者の目に留まりやすくなります。採用担当者の経験からすると、履歴書の中に特徴的な内容があると、その点について面接の時に詳しく質問してみようと思うものです。

ただし、特徴を出すためだからといって、あまり突飛なことを書いてはいけません。
書かれた内容について、自分ではそのつもりがなくても、採用担当者からはマイナスに捉えられてしまう危険性があるからです。
面接の場では補足説明等ができますが、履歴書提出の段階では、そこに書かれた内容からでしか判断してもらえませんので注意しましょう。
例えば、抽象的な表現を少し具体的にするなど、ちょっとした工夫で十分プラスの特徴を出すことが可能です。プラスの特徴を出すことで、ライバルとの差別化を図って下さい。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事