【自己分析をやってみよう①】:履歴書の書き方講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 履歴書の書き方講座 自己分析をやってみよう①

自己分析をやってみよう①

皆さんは履歴書を書く上で一番悩ましいのはどこでしょうか?

おそらくですが、「志望動機、特技、好きな学科など」を書く欄ではないかと思います。
市販の履歴書でも欄が小さいものがほとんどですので、「適当に書いてごまかしても大丈夫かな・・・」と考えてしまいがちです。

しかし、採用担当者が一番チェックする欄も「志望動機、特技、好きな学科など」の欄です。

採用担当者は、仕事にやる気があるのか、仕事に一生懸命取り組める人なのか、履歴書をチェック したうえで面接のときに質問します。つまり、履歴書とは「質問して欲しい」ことを書いておくための書類でありそのためには

 「志望動機、特技、好きな学科など」 = 「質問されても自信を持って答えられる」 

ように準備しておく必要があります。

では、「準備」とは一体、どのように進めていったらよいでしょうか?

一番のポイントは、自分がどういう人かを分析する「自己分析」を、まずはやってみることです。
自己分析は履歴書を書く、あるいは面接を受ける上で非常に大事なことです。

そのためには、これまでの人生を振り返り、学校生活や過去や現在を振り返り、どのような出来事(経験・環境など)を過ごしたのかを再確認し、今の自分自身を創っているベースが何なのかを確認していきます。
それをふまえて自分の売りが何かをあらためて見つめ直します。

それをあらわす「取扱説明書」が履歴書なのです。

「秋以降に転職を・・・」と考えている方は、この夏に、「自信を持って答えられる準備」をしてみてはいかがでしょうか?

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事