【面接時の服装はどうするか】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 面接時の服装はどうするか

面接時の服装はどうするか

面接の際、普段着にするかスーツにするか服装で悩むことがあります。
いったいどのような服装をすればよいのでしょうか?

企業訪問の際の基本的な服装である、スーツが最も無難です。もちろん、しわくちゃなスーツはNGですが、スーツは「清潔感」や「信頼感」を高めることができ、第一印象を悪くすることもありません。

一部の業種や服装自由の企業では、スーツでなくても良いケースもあります。その場合は「面接先企業の職場をイメージした清潔感のある服装」を考えましょう。
ジャケット、襟付きシャツ、革靴を基本に考えましょう。しかし、服装自由とはいっても面接です。ジーパンやTシャツ、スニーカーは絶対に避けましょう。

スーツを着用する場合、どの点に注意したらよいのでしょうか。
ポイントは「ベーシック」です。

1.スーツ
紺やグレーなどのオーソドックスな色が無難です。
男性の場合は、ダブルスーツよりもシングルのほうが印象を良くします。女性の場合、ボトムはスカートでもパンツでも問題ありませんが、就職・転職活動ではスカートの方が一般的です。

2.シャツ・ネクタイ
シャツは、清潔感のある白無地がベストです。
個性的に着たいなら、無地の淡いブルーやピンクでも良いでしょう。男性の場合、ネクタイはエンジ・ブルー・イエロー系を基本にしたカラーの小柄やストライプが面接にふさわしいです。

3.その他
靴・ベルト・ソックスは、黒系でまとめるのがベストです。
白などの派手なソックスはNGです。女性の場合、ストッキングは肌色にします。アクセサリーは時計以外、身につけないのがマナーです。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事