【ネガティブ発言での回答はやめよう】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン ネガティブ発言での回答はやめよう

ネガティブ発言での回答はやめよう

面接での受け答えに正解はありません。
企業や面接官によって、重視するポイントが異なるからです。
ただし、たいてい良い印象をもってもらえない“NG回答”はあります。
例えば、転職の場合、以前(現在)勤めていた会社の悪口や不満を言うと、あまり良い印象を与えません。


<NG回答の例>

◆「会社の業績が悪くなり、不安になって辞めました」など業績についての不満
業績が悪くなれば、再び転職すると受け取られます。
業績UPに対して、人任せで努力をしないという印象を与えてしまう危険もあります。

◆「上司が嫌い」「上司とウマが合わなかった」などの人間関係に対する不満
どんな会社で働いても人間関係付きもの。人間関係のトラブルがまったくない職場はないと考えたほうがよいでしょう。
面接の場で人間関係への不満をこぼせば、忍耐力がないという印象を与えてしまいます。
あなた自身が円滑な人間関係を築けない人物だとも受け取られかねません。

◆「時間外労働が多く嫌になった」「手当てがつかない」など待遇に関する不満
時間外労働の不満を言っても、あなた自身の仕事効率に問題があると取られかねません。
楽をしたくて応募してきた、と思われる恐れがあります。


転職活動をしている時点で、これまでの職場に満足していないということは面接官も分かっています。
しかし、面接官が知りたいのは、以前(もしくは現在)の勤務先にどんな不満があったかではなく、これから新しい会社に入って何をしたいのかというポジティブな姿勢なのです。

日ごろの不満があっても面接会場では胸にしまって、あなたのポジティブな面をアピールしましょう!

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事