【ちょっと困った質問をされたら】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン ちょっと困った質問をされたら

ちょっと困った質問をされたら

「当社の他にも応募をしていますか?」「当社が第一志望ですか?」と面接官に聞かれたらどうしますか?

「はい、第一志望です」と即答できるようなら問題ないのですが、複数の会社へ応募していて、どの会社を選ぶか迷っている場合はどうでしょうか?非常に答えにくい質問になってしまいますね。

面接官はなぜ「当社が第一志望ですか?」と聞くのでしょうか?質問の意図はそのときの状況によって異なるでしょう。
例えば、どうしてもあなたに入社して欲しいためあなたが入社してくれるかどうか、別の会社に入社してしまわないかを探るという意図があるかもしれません。わざとちょっと答えにくい質問をして、あなたの反応を見ているのかもしれません。

基本的に面接の場で、“ウソ”を言うのはよくありません。面接官は多くの面接をしてきたプロなのですから、“ウソ”を見抜かれて面接が失敗となってしまうリスクも伴います。後々のこと(採用決定後)のことを考えても正直に答えたいところです。
でも、「御社は第二志望」ですと面接の場では言えないですよね。これは「あなたのことが2番目に好きだから、付き合ってください」と告白するようなものです。非常に失礼な発言になってしまします。

回答は“第二志望”“第三志望”とはっきり限定するのではなく、入社に前向きであることがきちんと伝わるようにすると良いでしょう。
「今の段階では優先順位を決めていませんが、御社への入社を前向きに検討しています」などと答えてはいかがでしょうか。
このとき、質問されたあとに考え込んだり自信なさげに発言するのではなく、自信を持ってすぐに答えることができると、さらに印象がよくなるでしょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事