【質問力を高めよう】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 質問力を高めよう

質問力を高めよう

面接で「最後に何か質問はございますか?」と聞かれたとき、どのような質問をすればよいでしょうか?
きらりと光る質問をするためには、面接前に質問をいくつか用意しておくことが重要です。

質問を考えるときは、あらかじめホームページなどで業界研究や会社研究を行いましょう。
会社の業務内容や、同業他社と比べて優れている点で不明な点などがあれば、立派な質問となります。
ただし、社員数や売り上げなど、ホームページに書いてある内容をそのまま質問してはいけません。会社をまったく知らないで面接するのは失礼にあたります。

また、面接中に質問を考えることも必要です。興味を持ったことを詳しく聞いてみるのもよいでしょう。
例えば、調理師見習いの仕事だったら、たいていの面接官は最初に行う仕事内容をお話します。それ以上詳しい話がなかったら、「ある程度仕事ができるようになったら、次にどのようなことをさせてもらえますか?」と質問することで、やる気をアピールできます。

もし、どうしても質問が思い浮かばなかったり、面接に自信がなかったりした場合は、「面接でどのような印象を持ちましたか?」と自分自身について質問してみましょう。
自分自身が他人からどのように見られているのかを知ることは、大きなメリットです。厳しいことをいわれても落ち込む必要はありません。
例えば、「積極性が感じられない」と回答されたとしても、逆に「ありがとうございます。今後、仕事を通じて自分を磨いていきたいと思います。」と感謝を伝 えたうえで、今後の自己研さんにつなげる発言をすれば、積極性のアピールになります。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事