【専門的な質問や圧迫面接を受けたときの対応】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 専門的な質問や圧迫面接を受けたときの対応

専門的な質問や圧迫面接を受けたときの対応

面接官が複数人いる面接の場合、人事担当者だけでなく他の部門の社員や役員が含まれていることがあります。
例えば、製品開発担当者や、営業の最前線で活躍している社員が参加していることがあります。
一般的に人事担当者からの質問はあらかじめ想定しやすい内容のようですが、人事担当者以外の人からは専門的な内容で想定外の質問をされるケースが多いようです。

専門的な質問を受け、難しくて答えられない場合、「勉強不足で分かりません。入社したらしっかり勉強したいと思います。」などとはっきり話した方がよいでしょう。あいまいな回答をすると、相手は専門家なので更に質問をしてきて突っ込まれ、知識レベルを見破られてしまいます。

また、圧迫面接を受ける場合もあります。(圧迫面接とは、面接で受験者に対して、わざと意地悪な、もしくは威圧的な内容の質問や反論をし、これに対する応答・対応を評価する面接方法です。)
この場合のコツは、決して冷静さを失わないことです。面接官は冷静さを失わないかどうかを見ています。冷静な対応を心掛けましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事