【難しい質問への対処方法】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 難しい質問への対処方法

難しい質問への対処方法

面接で難しい質問をされ反射的に応えられない場合、あせってしまうものです。対処方法として、質問された内容をオウム返しに自分から質問してみてはいかがでしょうか。例えば、「○○についての質問ということでよろしいですか?」のように、○○の部分は面接官からの質問の復唱になります。復唱している間に時間を稼ぐことで、答えが見つかる場合があります。
また、質問の意図を取り違えていたら、修正できる場合があります。さらに、面接官が分かりやすい表現に変えて再度質問をしてくれる場合があります。


このオウム返し法は採用の面接のときだけではなく、資格試験の面接など様々な場面で使えると思います。私自身、過去に何度か使用した場面がありましたので、効果を実感しています。答えに詰まって沈黙の時間が流れるのを防ぐことができたのです。また、すぐにあきらめて「分かりません」と答えるより、しっかり考えた後で「分かりません」と答える方がずっと印象が良いはずです。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事