【面接官に合わせたアピールを】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 面接官に合わせたアピールを

面接官に合わせたアピールを

採用選考の過程で面接は1回きりではなく、2~3回程度行われるのが一般的で、面接官がその度に違ってきます。
面接官から肩書き等の自己紹介があるとは限りませんが、何度か面接を受けていくうちに面接官を見ればだいたいその人の立場がわかるようになります。
面接官の立場によって、重視する点が異なりますので、どんな人がどのような視点で面接をしているのかを頭にいれて、自分をアピールするよう心がけましょう。

例えば、3回面接が行われる場合は下記のようなパターンが王道です。


1次面接:
面接官は総務人事部の採用担当者や若手社員などが多く、一緒に働きたいか・知識やスキルはどうか等を見て、2次面接に進むに値するかを判断する傾向にあります。
自分が面接官だったら、どんな人と一緒に働いてみたいと思うかを念頭に置いて面接に挑みましょう。

2次面接:
面接官は部課長クラスの部門の責任者が担当する場合が多く、担当部門が扱う事業の拡大に関心があります。
日常業務への適正だけでなく、事業の発展に貢献する意欲やアイデアがあるかどうか等を見る傾向があります。対応するには業界研究は必須ですね。

最終面接:
面接官は経営者や人事の責任者等の決定権を持つ立場の人が面接を担当し、最終的な判断をくだします。
1次や2次の内容を踏まえて、より突っ込んだ内容を聞かれることが多いでしょう。特に志望動機は掘り下げて聞かれることが多く、入社意欲があるかどうかを見極めようとします。存分に意欲をアピールしましょう。
また、経営者は多忙で、面接時間が短くなるケースもありますので、アピールしたい内容は短いセンテンスでまとめておくようにしましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事