【いじわるな質問をされた時の対処方法】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン いじわるな質問をされた時の対処方法

いじわるな質問をされた時の対処方法

面接中に、いじわるなことを言われたり、怒らせるような質問をされたりすることがあります。しかし、決して不機嫌になったり、萎縮したりしてはいけません。面接官の罠にはまってしまい、採用されないでしょう。なぜ、このようなわざと怒らせるような質問をすることがあるのでしょうか?


わざと怒らせるような質問をするのは、あなたの反応を見るためです。このような面接技法を圧迫面接と言います。面接官は、感情的になってあなたを怒らせることが仕事ではなく、採用するのにふさわしい人かどうかを判断することが仕事です。つまり、あなたが冷静に対応できるかどうかを面接で試しているのです。

圧迫面接の例として、「あなたは当社に向かないと思います」「当社の仕事はきつくて残業も多いけど、できるの?」などと言われたら、やる気をアピールするチャンスです。「一生懸命、御社のために頑張ります。お願いします」と何度も言って、採用されたケースもあります。

また、「何度も転職しているのは、飽きっぽい性格だからですか?」と言われた場合、面接官は採用しても長続きせず、戦力にならないのではないかと心配しています。「ご指摘の通り、何度も転職してきました。しかし、逆にいろいろな経験が、必ず御社のために役に立てると考えています」などと切りかえし、経験してきたことを具体的に分かりやすく説明して、戦力になることをアピールしましょう。


少しイラッとする事を言われても、圧迫面接で試されているのだと思って、笑顔で対処するくらいの冷静さを持ちましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事