【面接官の目を見て話す】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン 面接官の目を見て話す

面接官の目を見て話す

面接の際、面接官の目を見て話をしていますか?

家族や友人と話をする時と違い、緊張感のある中で面接官の目を見つめながら話をすることはなかなか難しいようです。

採用を担当していた当時、話をしていても視線をほとんど合わせない方や、目が合ってもすぐに視線を大きく外してしまう不自然な印象の方がいました。
もちろん面接官の側からすると、「自信がないのでは?」あるいは「本気で入社を考えていないのでは?」といったマイナスの印象を持ってしまいます。
面接官の目を見続けるのが難しい場合には、目から鼻や口元の狭い範囲を、ゆっくりと視線をずらしながら受け答えをしてください。
その程度なら、相手に不自然な印象を与えずに済みます。

私個人の意見として、面接官に最も強い印象を与える要素は「目」で間違いないと思います。
志望の意志が強い場合、そのことをあまり上手に言葉で表現できなかったとしても、面接官は目を見れば分かるものです。
目は口ほどにものを言いますので。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事