【"最後に何か質問はありませんか?"と聞かれたら】:面接のワンポイントレッスン】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 面接のワンポイントレッスン "最後に何か質問はありませんか?"と聞かれたら

"最後に何か質問はありませんか?"と聞かれたら

ひと通り面接官からの質問を受けた後、「最後に何か質問はありませんか?」と聞かれることがあります。いや、ほとんどの場合に、そう聞かれるのではないでしょうか。あなたは、そのとき何と答えるでしょうか?

ここでチャンスととらえて、積極的に自己PRするか、それとも「特に質問はありません」と答えるか、面接の合否が分かれる一場面です。面接官は様々な角度から、あなたが同じメンバーとして仕事ができるかどうかをチェックしています。しかし、面接官自身も必要な質問ができたかどうか不安なのです。ですから、質問し忘れたことがないかどうかをチェックする意味で、面接の最後に「何か質問はありませんか?」と聞くことが多くなるのです。

ここで、あなたはどのように対応すべきでしょうか。多くの場合、面接は面接官主導で行われます。ですが、最後に「何か質問はありませんか?」と問われた場面では、あなたが主役となっているのです。ここで、「特にありません」と面接を終えてしまうのはあまりにもったいない話で、最後のPRタイムとして有効に活用することが大切です。

面接官は、もしかしたら、あなたの長所を見逃していないかどうか不安なのです。このチャンスに、「特にありません」と答えたのでは、入社への意欲がないと思われても仕方がありません。せっかく面接官が与えてくれたチャンスですから、「社名の由来は何ですか?」、「先輩社員にはどのような方が多いですか?」などと社風を尋ねたり、「差し支えなければ社内を見学させていただけませんか?」などと問いかけてみたり、何かしらあなたの方から発言するネタを用意しておきましょう。

面接はあなたという商品をPRする場です。あなたのセールスポイントをしっかり頭に入れて、とっさのPRタイムにも動じることなく、堂々と対応できるように準備しておきましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事