【ジョブ・カード制度】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 ジョブ・カード制度

ジョブ・カード制度

皆さんは「ジョブ・カード制度」というのをご存じでしょうか?


ジョブ・カード制度とは、正社員経験の少ない方が、ハローワークやジョブ・カフェなどにて、「ジョブ・カード」をもとにキャリア・コンサルティングを受け、企業での実習と教育訓練機関等での座学を組み合わせた実践的な職業訓練を受講 し、訓練終了後の評価をジョブ・カードに取りまとめ、正社員を目指した就職活動やキャリア形成に活かしていく制度です。

なお、正社員経験の少ない方とは、概ね3年以上継続して働いたことのない方で、具体的にはフリーター、子育てを終えた方、母子家庭の方などが対象となってきます。


ジョブ・カードは、職務経験、学習歴、訓練歴、免許・取得資格から構成されており、自分の能力や職業意識を振り返り・整理することができるため、応募書類の準備など就職活動に活用できます。
また資格以外にもご自分の得意なことや経験などが明確になりますので、履歴書や職務経歴書の自己PR欄の記入もしやすくなりますし、面接での自己PRでより自分を表現しやすくなります。
さらにご自身が目指す将来の目標が明確になるため、今後のキャリア形成に活用できます。


一口に「就職活動」と言っても、履歴書の準備や面接の練習など、いろいろと準備が必要です。
このような制度をうまく有効活用してみると、効果的な活動ができるかもしれません。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事