【労働契約と就業規則】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 労働契約と就業規則

労働契約と就業規則

労働契約(雇用契約)というと、あまり聞き慣れないかもしれませんが、会社に採用された時、必ず皆さんとその会社とが合意して結ぶのが労働契約です。
「そんな契約あったかな?」と思った人は、採用された時に会社から渡される「労働条件通知書」「雇入通知書」などを探してみてください。それらが、労働契約の書類になります。
そこに書かれた就業時間や賃金、業務内容などの労働条件が契約内容となります。
契約なので、お互いがその内容を守らないといけません。ただ、労働基準法、最低賃金法など必ず守るべき法律があり、その法律が定めた労働条件に満たない労働契約は、その部分に限って、法律が定めた基準と同じにみなされます。


また、就業規則がある会社では、労働契約より就業規則に書かれた労働条件の方が労働者にとって有利な場合は、就業規則が優先されます。
就業規則は、直接手渡されたり、職場のどこかにいつでも見られるように置いてあったりするので、手が空いたときには是非読んでおきましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事