【『資格』をどう考えるか】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 『資格』をどう考えるか

『資格』をどう考えるか

皆さんは何の「資格」をお持ちでしょうか?


国語辞典で「資格」を調べると、以下の意味があります。

1.あることを行うのに必要な、また、ふさわしい地位や立場
2.あることを行うために必要な条件(税理士など)

現在の雇用情勢において、就職環境も一層厳しいものとなっています。
一方、企業側は、このような環境下でも良い人材は積極的に取りたいと考えているところも少なくありません。
そうした状況でやるべきことは、自分を磨くこと、仕事の中でのキャリアを一つでも積んでおくことです。

自分磨きの方法の一つに資格試験があります。
仕事でのキャリアをあげるために、日頃から仕事に役立つ勉強や資格試験にチャレンジしていくことは、良いことであり、転職でも評価されるポイントになります。


しかし、資格試験はあくまで手段であり、目的ではありません。
勉強したことはプラスアルファになりますが、仕事に必要な資格を取り、活かしていくことではじめて活きるものです。
また資格を取ることで、どういう自分になりたいか、どういうポジション(役職・部署)で働きたいかを考えてみる、つまり「ふさわしい地位や立場になる資格」を考え、実現していくことも資格の役割です。

資格の勉強を考えている方は、資格の役割を考えてみてはいかがでしょうか?

お役立ちコンテンツTOP | 次の記事