【ストックオプション制度】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 ストックオプション制度

ストックオプション制度

高い報酬を支払えないベンチャー企業などを中心に、ストックオプション制度を導入する企業が増えています。
ストックオプションとは、あらかじめ決められた価格で自社株を購入できる権利のことです。
ストックオプション制度とは、ストックオプション、すなわちあらかじめ決められた価格で自社株を購入する権利を、役員や従業員に与える制度をいいます。

ストックオプションの目的は優秀な人材を確保することにあります。
ベンチャー企業では多くの場合、企業を立ち上げてから軌道に乗せるまでしばらくの間は大きな利益を上げることが困難です。そのため、ベンチャー企業が設立当初から高い賃金を払って優秀な人材を集めようとしてもなかなかできません。
しかし、ストックオプション制度が認められれば、かなり大きな報酬を得られる可能性が出てきますので、役員や従業員の挑戦意欲を高めて新事業が立ち上げやすくなり、優秀な人材の確保にもつながると考えられています。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事