【産業空洞化】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 産業空洞化

産業空洞化

企業が工場を海外に移転することによって、製造業が衰退していく現象を産業の空洞化と言います。いまの産業空洞化は、円高が最大の原因となっています。


これまで日本は、資源がないため、原材料を輸入して製品を作り、輸出してお金を稼ぐ加工貿易を行ってきました。
ところが円高の進行により、輸出する製品の価格が上昇し、他の国の製品と比べて割高になって売れなくなりました。企業は生き残りのため、円高の影響がなく、人件費などのコストが安い海外に工場を移して生産を行うようになりました。
この結果、いままで国内の工場で働いていた人の雇用が失われ、国や自治体の税収が減り、技術も海外に流出するなど日本経済を悪化させる様々な問題が生じています。
日本は、外国には真似できない付加価値製品などに活路を見出そうとしていますが、残念ながら、雇用を含めた日本経済全体を支えるまでに至っていないのが現状です。


「産業空洞化」の抜本的な解決策を見出すことが、日本経済の立て直しのための大きな前進とも言えそうです。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事