【ダイバーシティ経営】:経済&社会常識のキーワード解説】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 経済&社会常識のキーワード解説 ダイバーシティ経営

ダイバーシティ経営

近年、企業経営においてもダイバーシティを重要視する考え方がでてきました。

ダイバーシティとは「多様性」を意味していて、企業においては、性別・国籍・障がい、年齢、その他さまざまな違いを超え、社員の採用・育成・支援などを積極的に行ない、その違いを経営に積極的に活用することをいいます。
特に、道徳や倫理という視点からだけではなく、「多様性」が企業の売上向上や発展に結びつき、競争力の元になるという考え方に基づいて、企業組織全体をマネジメントしていくという新しいアプローチが生まれてきました。


多くの企業の発展が行き詰まる中、「三人寄れば文殊の知恵」というように、多様な人材の創造性や斬新な発想が企業の発展に結びつくことや、グローバルな事業展開をする中でさまざまな国籍の人が一緒に仕事をすることによって、いままでにない問題解決が可能になることが期待されています。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事