【コーチング】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 コーチング

コーチング

ひと昔前に比べて「コーチング」の考え方が普及し、ご存知の方も多いと思います。
もともとは「コーチ」(COACH)とは馬車を意味し、馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「目標達成に向けて導く人」を指すようになったのが始まりです。

コーチングとは、「人を育てるための一つの方法」です。よく知られたところではスポーツ選手の指導がありますが、現在ではビジネスや個人の目標達成の援助にも応用されています。
コーチングスキルを身につけると、様々な場面で活用できます。


コーチングには大きく分けて「メンタルコーチング」と「スキルコーチング」に分けられると考えられています。

○メンタルコーチング
コーチングを受ける側の情報の整理を手伝い、異なった視点からみるなどの導きをして、受ける側の『気づき』を待つ。
そのため特定分野に対するスキルが無くても、コーチングを行うことが可能になるメリットを持つ。

○スキルコーチング
スポーツのコーチのように、コーチングする側がその分野に対しての知識とスキルを持ち、それをベースにして個人のスキルの向上を目指すことができる。
目的がはっきりしていること、より適切な課題を設定できるメリットを持つ。


コーチングでは画一的な人間を作ることは目指しません。コーチングされる側の個人の能力を可能な限り引き出し、それにより個人の問題解決を図ったり、スキルの向上を実現したりすることを目的とします。
統一的なやり方を押しつけないことが一般的な「教育」との一番大きな違いです。
「これはこうしなさい」「この場合は絶対この方法を採用しなさい」という指示ではなく、あくまでも個人が自ら成長し、その中で問題解決やスキルの向上を図るための『導き』なのです。


このコーチングの考え方は、スポーツの世界だけでなく、ビジネスの世界でもかなり理解されてきています。
会社の構成単位は最終的には個人であることから、個人の能力をいかに発揮させるかが、現代の企業の課題となっています。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事