【見逃しやすい会社でのトイレマナー】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 見逃しやすい会社でのトイレマナー

見逃しやすい会社でのトイレマナー

会社の中で唯一、一息ついてほっとするプライベート空間は、何といってもトイレでしょう。オフィスの緊張感から解放されて、つい自由になってしまうのもトイレです。


「トイレを見るとその会社の様子が分かる」といわれます。清潔なトイレであれば、「隅々にまで気配りができる」「全てのことに誠意を持って対応してもらえる」というイメージを持たれ、会社の信頼アップへ繋がります。
逆に、トイレが汚いと「だらしない」「ルーズ」「いい加減」という印象を与えてしまい、信頼ダウン、ということにもなりかねません。


当然ながら、トイレでのたち振る舞いも要注意です。プライベート空間ならではの、素の姿が出てしまいがちです。特に以下の行為は厳禁です。

①トイレの中での喫煙は厳禁です。「他人への副流煙」「狭い空間で匂いがこもりやすい」、そして「天井の火災報知機が作動する」など周りの人への迷惑は多大です。トイレはあくまで禁煙空間です。

②トイレで携帯電話を使用することも厳禁です。他人に聞かれたくない話や緊急でメールを打ちたいこともありますが、携帯電話は休憩中に使いましょう。個室にこもって携帯ゲームに熱中、なんてことはしてはいけません。

③トイレでの悪口や噂話は厳禁です。よくドラマのシチュエーションにも登場するシーンですが、現実社会では避けた方がいいでしょう。

トイレは声が響きやすく、個室には誰が入っているかもわかりませんし、誰がいつ入ってくるかわかりません。噂の当人と出くわして、気まずい雰囲気になることを避けるためにも、トイレでは軽い挨拶程度にしておきましょう。話し声はくれぐれも小さめに。


最後に、トイレットペーパーが無くなったら、次の人のために補充しておくのもマナーです。補充しないで出てしまうも人いますが、思いやりと心遣いをお忘れなく。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事