【名刺の受け方・出し方】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 名刺の受け方・出し方

名刺の受け方・出し方

面接では、自ら名刺を出すことはほとんどありませんが、面接先企業の方から名刺をもらうことがあります。また、職場においても、取引先と名刺交換を行ったり、取引先の来客時に名刺を受け取ったりすることがあります。
スマートに名刺の受け方・出し方ができると、相手に好印象を与えることができます。


■名刺の受け方
①両手で丁寧に頂き、頂いた後もその位置から下に下ろさない。立ったまま話が始まった場合も下ろしませんが、話が長く続くようであれば、名前を覚えて軽く会釈をしてから名刺入れにしまう。

②相手の名前を復唱し、確認する。読み方がわからない場合は正直に尋ねる。
「失礼ですが、何とお読みすればよろしいでしょうか?」

③名刺上の文字に指先が触れないように気をつける。下辺の両隅をそっと持つようにすると良い。

④その場で商談や打ち合わせなどで、テーブルについて座る場合、名刺はテーブルの上に座席順に置く。この時、出されたお茶などをこぼして汚さないように注意する。
(顔と名前が一致しやすいので便利です。ただし、席を立つ時にテーブル上に放置したままにすると失礼にあたります。)


■名刺の出し方
①名刺は相手のほうに向けて両手で差し出す。(左手は添える程度)

②自分の会社名と姓名を名乗る。
 「株式会社○○の△△ □□と申します。よろしくお願い致します。」


■同時交換
①一般的に目下から差し出す。訪問した場合は、訪問者から差し出す。

②双方同時の場合、自分の名刺は右手で出しながら、相手の名刺を左手のひらでいただく。


■その他
①名刺交換は必ず立っている状態で交換する。

②相手が複数のときは、地位の高い人から先に交換する。

③こちらが複数のときは、地位の高い人から先に交換する。斜め後ろで名刺を用意して待機する。

④名前に役職名をつけると敬称になるので、自分の上司の名前を言うときは、「課長の○○は、~」「○○は、~」等のように言う。

⑤名刺は常に切らさないように多めに持っておき、常に枚数をチェックする。名刺入れをうっかり忘れてきた場合に備え、鞄や財布に予備の名刺を数枚入れておくと、いざというときにも対応できる。


名刺の受け渡しのマナーは、意外と人まねや自己流で「なんとなく」乗り切っている方が多いかもしれません。
名刺交換は人格そのものが映しだされます。スマートに笑顔で対応できるよう、この機会に家族や友人を相手に練習してしっかり身につけてみてはいかがでしょうか。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事