【指示の受け方】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 指示の受け方

指示の受け方

仕事に取り組む時、上司の指示が出発点となります。指示された内容をよく理解し、その指示に沿った仕事の進め方をすることが大切です。口頭で指示を受ける場合のポイントは次の通りです。


<指示を受けるときの基本姿勢>

・上司に呼ばれたら、明るく大きな声で返事をして、上司のもとに行く。
・指示を受けるときは、上司の目を見て、真剣に聞く。
・指示内容はメモ帳などに書き留める。


<確認事項>  5W1Hで指示内容を確認すると、漏れがありません。

・WHAT  どのようなことに取り組むのか    (仕事の内容)
・WHY   なぜその仕事をするのか       (意義、目的)
・WHO   誰が行うのか 自分だけで/他のメンバーと(担当者)
・WHEN  いつまでに行うのか            (納期)
・WHERE どこで仕事を行うのか           (場所)
・HOW   どのように仕事を進めていくのか      (方法)


<最後に>

指示内容は復唱して、間違いのないようにしましょう。
疑問点は必ずその場で質問して確認することが大事です。ここであいまいなままにしておくと、上司が期待する結果から外れてしまうことが生じます。十分に確認し、理解した上で仕事を進めます。

仕事の進め方については、上司から受けた指示は守りながらも、自分で工夫してみることが自分の成長につながります。
期限を守って、誠意を持ちながらひとつひとつの仕事に取り組むと、また新しい仕事を任せてもらえるようになり、仕事にやりがいがでてくるはずです。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事