【退職時のマナー】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 退職時のマナー

退職時のマナー

転職する場合、はじめになすべきことは現在の職場を退職することです。
しかし、上司に退職届をつきつけて即日辞めるようなことはあくまでドラマの中での話で、実際にはできません。退職も社会人としてのマナーを守ることが大切です。


まず、いつまでに辞めたいのかスケジュールを立て、余裕のある時期に上司に退職の意思を伝えます。法律上は退職届提出後2週間で退職できることになっています。
ただ、2週間で後任探しや引き継ぎをするのは難しい場合も多く、会社の就業規則で期限が規定されていることもあるので、きちんとチェックしておきましょう。

退職理由は基本的には上司に正直に伝えましょう。ただし、職場や特定の個人の不満や悪口になりかねない理由の場合は、「一身上の都合」としておくのが良いでしょう。
会社には「退職届」ではなく「退職願」を提出するのが一般的です。会社によっては定型文や規定の文書フォーマットがありますので、それに沿って記入します。

「退職願」が受理されて退職が決まったら、引継ぎ事項をまとめて引継ぎ書を作成します。そして、社内の関係者、社外の取引先などに退職を報告します。退職時には、会社から支給された備品は名刺も含めてすべておいていきます。
また、退職後の連絡先は、後任者や上司に伝えておきましょう。手続きの不備や私物の忘れ物があったりした場合、退職後すぐに連絡が不通となると会社も困ってしまいます。


「立つ鳥跡を濁さず」ということわざにもあるように、引き際も綺麗に、お互い気持ちよく前へ進んでいけるようにするのが大切なマナーですね。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事