【電話をかけるときのポイント】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 電話をかけるときのポイント

電話をかけるときのポイント

就職活動中でも、実際のビジネスの場でも、電話をかける機会が出てきます。
電話は相手の顔が見えないコミュニケーションツールです。だからこそ、よりマナーに気をくばって、相手に良い印象をもってもらえるよう心がけましょう。



○簡潔にわかりやすく話せるように、事前に話の要点を書き出しておくなど、準備しておきましょう。
特にビジネスシーンで電話をすることに慣れていない人は、緊張してうまく用件を伝えられないことがないように、準備をしておくとよいでしょう。

○かける前には必ずメモとペンの準備をして、内容はメモをとりましょう。特に日程などの重要事項は復唱して確認をとることが大切です。

○スムーズな会話ができるよう静かな場所でかけましょう。移動中にケータイで歩きながらかけるなどは極力避けましょう。

○電話をかける時間にも気を配りましょう。相手の就業時間外はもちろん、お昼休み中や相手が忙しいと分かっている時間帯は避けるようにします。
どんな場合であれ、かけたときには、「お忙しいところ、恐れ入ります」「今お時間よろしいでしょうか」などの一声があるとよいですね。

○顔は見えなくても、相手に自分の様子は声だけで意外と伝わってしまうものです。印象をよくするためには、前を見て、はっきりしゃべりましょう。うつむいてぼそぼそしゃべるのはNGです。

○言葉遣いに気をつけましょう。声だけのコミュニケーションですので、特に注意が必要です。

○電話を切るときはすぐにガチャッとは切らず、静かに切りましょう。相手が目上の方などの場合は、相手が切るのを待ってから切りましょう。


「電話はどうしても苦手…」という人も多いかもしれませんが、電話のマナーは社会生活で幅広く使えるスキルです。慣れないうちは、事前にシミュレーションをしておくと良いかもしれません。
ぜひこの機会に、克服してみてはいかがでしょうか。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事