【エレベーターでのマナーを抑えておこう】:実践で役立つビジネススキル&マナー講座】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 実践で役立つビジネススキル&マナー講座 エレベーターでのマナーを抑えておこう

エレベーターでのマナーを抑えておこう

普段の生活において、エレベーターを使う時があると思います。
今回はエレベーターでのマナーを確認しておきましょう。


○待ち方
エレベーターが開いた瞬間目の前に人が立っていてビックリしたことはありませんか?エレベーターを待つ時は、扉の目の前ではなく、少し横にずれた扉の脇に立つとスマートです。
脇にスペースがない場合は、扉から少し離れて立っておくとよいでしょう。


○乗り方・降り方
まずは降りる人を待ちます。降りている人を押しのけて乗り込むのはNGです。これは電車の乗降マナーと共通していますね。
乗るときにお客様や上司が一緒なら、エレベーター外の▼▲ボタンを押しながら「お先にどうぞ」と先に乗ってもらうように促します。降りる時もお客様や上司を優先しましょう。


○席次・操作パネル
操作パネルの前が空いていれば、率先してパネルの前に立ち、自分の利用階を押します。他に同乗者がいたり、途中で乗ってきた人に「何階ですか?」と尋ねるのも親切ですね。
降りる人がいる場合は、完全に降りるまで【開】ボタンを押しておきましょう。
駆け込んで乗ってくる人がいる場合もありますので、【閉】ボタンは周囲一度確認してから押しましょう。


○エレベーター内での会話
エレベーター内には、その会社の人間だけではなく、どのような身分の人が乗っているかわかりません。自分たち以外の人が同乗していなくとも、念のため仕事の話や噂話をするのは避けてください。
『エレベーターは公共の場』ということを念頭に置き、人に会話を聞かれることを意識して、乗っている間の会話は一度中断しておくのがマナーです。


何気なく使っているエレベーターですが、これがビジネスの場であるとすると、やはりそれ相応のマナーが求められてきます。普段の生活シーンにおいても応用がきくマナーですので、ぜひこれから実践してみてはいかがでしょうか。
スマートな立ち振る舞いを身に付けると、相手の印象もより良いものになり、ビジネスもスムーズになるかもしれませんね。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事