あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP UターンIターン特集 U・Iターンは固い決意で

U・Iターンは固い決意で

皆さんがU・Iターンを希望する理由としては、

(1)住み慣れた土地だから、
(2)気候や風土が良いから、
(3)物価が安いから、

などといろいろあるでしょう。
また個人的には、「親の面倒を見ないといけなくなった」という方もいらっしゃるかもしれません。

地方には、都会にはない特色を持った優良企業が数多く存在しています。また、そこでは常に専門的な知識・能力を持った意欲的な人材を求めているケースが少なくありません。
しかし現在、大都会と地方を全般的に比べてみると、就職状況は地方の方がより厳しい状況になっているのは間違いありません。

厚生労働省が11月27日に発表した10月の有効求人倍率(求職者1人当たりに求人件数がどれだけあるか)を見ると、全国平均は0.44倍(求職者1人に仕事が0.44件しか来ない)でした。
都道府県別では、東京(0.57倍)、大阪(0.46倍)、名古屋(0.52倍)と大都市が平均を上回っているのに対し、最低が青森(0.28倍)、沖縄(同)などと地方は全般的に低くなっていました。
しかし、福井(0.63倍)、香川(同)のように都会を大幅に上回る求人がある県もあります。また地方別では、四国(0.56倍)、中国(0.55倍)が高くなっています。
統計だけでは、こうした地域の就職状況がなぜ比較的良いのか詳しくは分かりませんが、こうした地域的な「温度差」を頭に入れて就職活動を行うのも一法かもしれません。

いまの就職活動は、大都会に限らず、どこの地域に行っても厳しいのはまぎれもない事実です。
U・Iターンには、固い決意で臨むことが大切です。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事