【UターンIターンは仕事を辞めて探したほうが良いか?】:UターンIターン特集】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP UターンIターン特集 UターンIターンは仕事を辞めて探したほうが良いか?

UターンIターンは仕事を辞めて探したほうが良いか?

転職活動の悩みのひとつに、「会社を辞めて転職活動をすべきかどうか」があります。

転職活動は、時間もエネルギーも通常以上に使いますので、疲れも相当溜まってきます。なので、仕事を辞めて転職活動をしようと考えられる方も少なくありません。特に大都市との距離のあるUターンIターンは、時間や費用の制約がかなり大きいことから、「退職してから活動したほうが有利なのでは?」と考えてしまいがちです。


確かに、退職して時間をかけて転職活動をしたほうが、機動的かもしれません。しかし給与面では、転職直前まで首都圏で勤務していた方の給与は、転職後もあまり変わらないという傾向にあります。それは採用担当者が、「今」大都市圏で培っているスキルやノウハウに採用価値を見出しており、その経験を地方企業で活かしてほしいと期待しているからです。
また、退職してすぐに仕事が見つかればよいのですが、見つからなかったときの金銭的リスクもあります。ご自身だけではなくご家族の方にも影響がないとは言い切れません。リスクはなるべく少なくしつつ、挑戦していく必要があります。
「一度辞めて転職活動して、嫌ならまた退職して見つければよい・・・」の感覚だと、なかなかご自身の納得のいく条件の転職先は見つからないかもしれません。

転職活動は退職せずに、あせらず、じっくり探すことをお勧めします。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事