【各県市町村のユニークな取組み・支援事例】:UターンIターン特集】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP UターンIターン特集 各県市町村のユニークな取組み・支援事例

各県市町村のユニークな取組み・支援事例

今回は各県市町村で行われている、さまざまな取り組み・支援事例をご紹介します。

「移住したいと思っているけど、やはりちょっと不安・・・」という方のために、鳥取市では「お試し定住体験」を提供しています。
参加条件を満たせば、1日1,000円(水光熱費は実費)で 一定期間滞在することができます。まず何日間か滞在することで、地域交流を図り、実際の移住イメージを高めるには最適の内容でしょう。

その他各県市町村のユニークな支援事例の一例をあげると、

  • 町有地を一定期間無償貸与。期間内に自宅を建てて移住すると土地が無償譲渡される。
  • 古民家で生活体験。1泊1,000円程度で最大1ヵ月滞在できる。
  • 宿泊代と食費が原則無料で、収穫の手伝いや古民家の修繕などが体験できる。
  • 住宅を建築または取得し定住すると、助成金が交付される。
  • 東京や大阪などに相談窓口を設置し、Uターン・Iターンに関する各種相談に対応している。
  • 各県市町村では、各々特色を活かしたさまざまな支援が行われていますので、詳しくは各県市町村のホームページや相談窓口で、具体的な取り組みや支援内容を調べてみましょう。

    さまざまな「お試し体験」をうまく活用して、「衣」「食」「住」をどのように実現していくかのイメージを具体的に描き、「賢いUターン・Iターン」を実行することがポイントですね。

    前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事