【『伝える』と『伝わる』とは違うもの】:就職で役立つ格言集】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP 就職で役立つ格言集 『伝える』と『伝わる』とは違うもの

『伝える』と『伝わる』とは違うもの

「こちらがいくら正しく伝えたつもりでも、相手の頭の中で同じ要素と構造が再現されていない限り、何も伝えていないのと同じことです。」


これは、失敗学で有名な畑村洋太郎先生の言葉です。
人に何かを伝えたいとき、自分では相手にうまく伝えたつもりでも、相手に全く伝わっていなかったことは、日頃感じるところです。


就職面接の場面でも同じですね。面接の時は、ご自身の経歴や実績、転職や応募の動機、会社に入ってやってみたいこと、などを聞かれます。
明日は面接というその日、事前にこれらの想定問答をやってみる時に、話の『要素=アピールポイント』『構造=話の順番』などと考えてみて、実践してみてください。きっと良い結果につながると思います。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事