【面接の際の服装について】:お助け就職110番 Q&A】:お役立ちコンテンツ | あつまるくんの求人案内-あつナビ

あつまるくんの求人案内

お役立ちコンテンツ

お役立ちコンテンツTOP お助け就職110番 Q&A 面接の際の服装について

面接の際の服装について

Q:
「面接のときは、リクルートスーツで行くべきなのか、私服でもいいのかわかりません。教えてください。」


A:
面接であるならば、ここは迷わずリクルートスーツで訪問するのがベストです。


面接においては、第一印象がとても大切です。これは顔や体型などの容姿ではなく、服装や立ち振る舞いのことです。
履歴書や職務経歴書が立派で、きちんとした問答ができていたとしても、ヨレヨレのトレーナーやジーンズでは高評価になる可能性は低いでしょう。
一般的には面接官から見ると、私服よりもリクルートスーツの方が好印象に写ります。仮に受け答えの内容が全く同じであった場合、私服の人ではなくきちんとリクルートスーツを着た人の方が合格する可能性が高いと思われます。


リクルートスーツですが、決して高価なブランド物を購入する必要はありません。スーツ選びのポイントは「清潔感のあるもの」と「体に合ったもの」です。
社会人として最低限のエチケットが守れる程度の感覚で問題ありません。

シャツは派手な柄物は避け、シンプルなものを選びましょう。ネクタイも同様にカジュアルなものではなく、落ち着いたデザインを組み合わせると良いでしょう。
今は安価で一式が揃うお店が多くなっています。リクルートスーツを買ったことがない、という方は、店員さんに見立ててもらうと間違いがありません。
たまに、派手な色のスーツやカラーシャツを着て目立とうとする人がいますが、面接官によっては悪い印象を与えてしまい逆効果になることがありますので注意が必要です。 そして、きちんと自分の体型に合ったスーツを選びましょう。身体にきちんとフィットしたスーツを着ると、自然と姿勢や立ち振る舞いもシャキっとしますよ。


リクルートスーツは、面接官に「より好印象を与えるためのアイテム」ではなく、あくまで「余計な悪印象を与えないため」のものです。
面接に臨む際は、ごく一般的なリクルートスーツを着用してマイナスのイメージを与えないよう心掛け、自己アピールや面接の問答を武器に勝負をしましょう。

前の記事 | お役立ちコンテンツTOP | 次の記事